わんこ隊長は、保育園のパートのおばさんだ

週三日、ドッグフード代を稼ぎに頑張っている


ある日のお昼ご飯は、桜えびや、豆や、シイタケが入ったごはんと鶏肉のから揚げだった

いろいろな具材が入ったごはんはとてもおいしく、栄養士さんが子供たちのために一生懸命作ってくださったものだ。

おおぜいの人数分を食べやすく細かく切るだけでも大変だろうに・・・といつも思う

私たちも子供たちと同じメニュウーなのだけれど、子供たちがおかわりをしなかったり残したものが、あとから追加でまわってくる時がある

小さい桜えびが入っているごはんは たくさん残って、から揚げは 好評だったようだ

先生曰く、「手がついてて気持ち悪いみたい・・・」

ふ~ん。こんな小さな海老なのに、手があるからって食べないのか?

私は先生に言った

「じゃあ先生。『この、鳥のお肉はね、ニワトリさんのくちばしを焼いてね~そしてお腹を割くのよ。そして小さく切り分けて、から揚げにするのよ。
牛肉はね、涙を流して嫌がる牛さんをね。引っ張って行ってね。目と目のあいだをか~んとやってね。気絶したところを首を切ってね。それからお肉を分けていくのよ~。はい、みなさんご一緒に。いただきます。』って教えたらどうですか~。はははは~。」

先生は、むっとした顔をして黙ってしまった





[PR]
# by kaychann1960 | 2017-06-24 17:39 | Trackback | Comments(0)

わんこ隊長ののんびりすぎ~なブログ


by わんこ隊長