2015年 04月 10日 ( 1 )

さようなら、デビー

デビーは、お空に行きました。

一番最初の、飼い主さんの、病気で亡くなったおじいさんのところに行ったかもしれません。


私は、今、ほっとしています。


べたべたと、なついて甘えることがなかったデビー

真っ白の白内障で、見えないながら、男の人の声がすると、大喜びでしっぽを振り、体全身で甘えていたデビー

いつまでも、いつまでも、忘れなかったんだね・・・

前の飼い主さんのことを・・・

おじいさんが亡くなって、家族はデビーをセンターに持ち込んだ・・・



今回、里親さんがもし決まらなかったら、最後は、引き取ってほしい。

そう私に言って、デビーの保護主は、新しい希望者さんのところへデビーを連れて行った。


何度か、里親希望者さんのところに行っては、返されて最後に我が家に来たデビー


最後の、里親希望者さんからのメモ・・・

「こんな結果になってしまってごめんなさい。デビーちゃんはとてもいい子でした。

毎日、ぐっすり寝ていました。」

いい子なのになぜ返したの?そう思ったけれど、私は、黙ってデビーを受け入れた。

もう、どこにも行かなくていいよ。デビーは、ずっとここにいればいい・・・

2009年の秋・・・その時すでに13歳か15歳、目は真っ白だったね・・・

近所の子供たちに、気持ち悪いとか、怖いとか言われたっけ・・・



命の、ともしびが消えるまで、あなたと暮せたことを、うれしく思う。


あなたの、ひとみはどんな色だったの?

今は、見えているかな?

走ってるかな?

さようなら、さようなら・・・

そして、応援のコメントをくださったみなさま、ありがとうございました。







[PR]
by kaychann1960 | 2015-04-10 22:09 | Trackback | Comments(9)

わんこ隊長ののんびりすぎ~なブログ


by わんこ隊長
プロフィールを見る
画像一覧