世の不条理

数年前の話である

ある母親が、我が家の庭で遊んでいた、3歳ぐらいのこどもをさしたる理由もなく、庭においてあった細竹でぶちはじめた。

子供のころ母に、ものさしでぶったたかれたことがあるが、竹というものはとても痛い。

ましてや、細竹となるとさぞや痛かろう。

しかも、危険なことをしたとか、人を傷つけたということでもない。


注意したら逆切れして、はむかってきた。挙句の果てに、私のことを人殺し呼ばわりしたのである。

こどもの泣き叫ぶ声は、しょっちゅう聞こえていた。

何年か経ち、どうやら、妊娠したらしい噂を聞き、また、同じことの繰り返しか・・・と思った。

本人も、子供なんかいらないといっていると聞いた。

なら、なぜ妊娠しないように対策をとらなかったのか?と思ったが、後の祭りである。

堕胎するために入院したものの恐ろしくなって帰ってきたという話を聞いた。おまけに、三つ子らしい・・・

神様とは、なんと人に試練をお与えになるのであろう

そのうち、案の定、抱いていた赤ん坊を、ソファの上に投げ飛ばしたといって赤ん坊全員児童施設に連れていかれたのである。

ちょうど、家庭訪問に来ていた、職員さんの前でやったから当然の成り行きであろう。

わが子を連れていかれて、気が狂うかと思いきや、のびのびとはねをのばし、遊び歩き

周りの人には「せいせいした」と言って笑っているというから驚きだ

しかし、三年後には一人戻されることになっていると聞いて、不安に思った。

なぜなら、恐るべし三歳児・・・

一番手がかかる時期に戻すなんてなんてこった!

おまけに、空白の三年間があるのである。



そして、三年後・・・

今、見ていると、案の定である。



そして、この子たちを養う費用はすべて我々の税金を使うのである。

オウムの麻原のメシ代も税金・・・

なのに、いらない犬は処分なのだ

人はそんなにえらいのか?


そんなこんなで、今は、我が家の庭に人が入らないようフェンスで囲んである

ところがである・・・・

例の虐待母の一番目の息子が、紙飛行機が入ったとか、ボールが入ったとかで、黙って他人の庭の門ドアをこっそり開けて入るのだ

公園で遊べと言っても聞かないし、何度注意してもヘラヘラしている

おまけに、ああ言えばこう言うで抜け目もないし、かわいげもない

虐待を受けて育った子は、こうなるのか?



[PR]
トラックバックURL : http://sevendogs.exblog.jp/tb/24171723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケビンママ at 2015-06-24 22:52 x
腹の立つ話ですね。。。
そんな母親が居るんですね。
子供が欲しくても出来ない夫婦が居る反面、要らないのに作ってしまう夫婦も居る。。。

そう言えば旭川の刑務所も老朽化の為、立て直す計画が上がり、そこに収容されている罪人達が高齢化してきた為、なんと全室個室でベッド、しかもテレビ付で立て直しされたそうです。
それも私達が納めている税金で。。。
なんで罪人にそんな住み心地の良い環境を与えてしまうのでしょうかね???
地元の人からは、かなり反対の抗議があったようですが、
この国は税金の使い方がかなり間違ってると思います‼
Commented by kaychann1960 at 2015-06-25 10:43
ぐえ~!!!
そんな話、知らんかった~!!!
許せん!!!
by kaychann1960 | 2015-06-24 14:31 | Trackback | Comments(2)

わんこ隊長ののんびりすぎ~なブログ


by わんこ隊長
プロフィールを見る
画像一覧